風の音だけが週末のConversation

一粒の砂に世界を求め 野の花に天国を見出す 掌の中に無限を捉え ひと時のうちに永遠を築く この詩のように生きたいな

『滅びの前のシャングリラ』 凪良ゆう

f:id:gotoblueseabicycle:20210402050930j:plain

一ヶ月後に小惑星が衝突し、地球は滅びるニュース
いじめを受ける友樹やヤクザの信士
恋人から逃げ出した静香、息詰まった歌姫の歌手
四人は滅び行く地球でどうその日まで生きるのか?

人生に絶望した少年が世界が無くなればいいのにって思い
自分を重ね合わせると面白いIfですね。

しかしそんな中でも希望を見出すものと
絶望し自暴自棄になる者っているもので

秘密を背負った母親や開き直ったヤクザ、転落に怯える歌姫も
平等に訪れる地球滅亡の日にどう生きるのか?

その日を誰と過ごしたい?
何を食べたい?
その瞬間までどう生きる?
人生の総決算ですね。

必死で想い残すことなく生きることにしても
思うようにならないこともある。

だから絶望するのか?
いや、だらかこそ燃焼させる命の存在
結果はどうあれ前向きにその瞬間を迎えたい
人生に満足したい。