風の音だけが週末のConversation

一粒の砂に世界を求め 野の花に天国を見出す 掌の中に無限を捉え ひと時のうちに永遠を築く この詩のように生きたいな

鎌倉殿の13人 (20) 「帰ってきた義経」

負けると分かってても躊躇なくそこに進むそれぞれの姿。
 
覚悟と言いましょうか
 
何とも潔い心境は崇高であり、悟りの域ですね。
 
どこで人生の終焉を迎えるのか?

そこに後悔はないのか?
 
悟りの域まで達する生き方は眩い光を発するものですね。

 

海沿いを走り海横の公園と貨物船

薄曇りで風の強い日ですが
波の音が聞きたくなり走る。
 
オオキンケイギクが咲いてる
この花はネットによると・・
外来種として野外に定着して問題となり、現在は栽培が禁止されている。
そうなのか・・


 
しばし走り
造形がSFチックじゃないですか?COOL!
 



ここの上りの頂点で海が見えて来ます。
この瞬間が好き!
 



しばし進み脇道へ海沿いの公園へ
 



いつの間にか晴れ間が広がり輝く海とのどかな公園はいい感じ
 



小舟がゆらゆら。


 
しばし走る
脇道の中腹から 
 



漁船快走!


 
爽快!


 
防波堤の上から海を眺めてると貨物船が通る
 



自転車の間に~

 

曇りスタートでしたが快晴!
輝く海を眺める
週末のいい時間でした。
 

ー---メモ minivero----
走行距離 50.2km
積算距離 3818.66Km

「もっと軽い荷物にして欲しい、と祈ってはならない。もっと強い背中にして欲しい、と祈りなさい」 セオドア・ルーズベルト

今週を振り返る朝ですが
やはりインパクトあったのは「4630万円は「ネットカジノで全て使った」 誤給付の男性」だな。
コロナウイルス対策の臨時特別給付金4630万円を誤って1世帯に振り込み
返還せず「海外の複数のネットカジノで全て使った」と話しているって事件。
 
ネット検索すると自己破産してもギャンブルのお金は認められないらしく返済を迫られるし
時効十年も十年毎に控訴すれば延長となるそうですね。
そんな使いました。返せませんって横着な話はないですよね。
ほんとクズな人間いるもんだな・・・
悪知恵働かせてカジノの口座やどこに隠してる可能性高そう
役場の体制もオカシイし、世の中分かり易い良くない体制を改善ってしない人間も多いんですよね
それを踏まえてシステム構築した方がいいんでしょうね。
 
個人的な一週間は仕事が暇過ぎて
普段の数倍疲れるって一週間
人は稼働しないと錆びつくものです。
 
今週の言葉はセオドア・ルーズベルト
 
「もっと軽い荷物にして欲しい、と祈ってはならない。
     もっと強い背中にして欲しい、と祈りなさい。」
 
人生、横着すると力は落ちて行く
自らを成長させてそれを乗り越える背中を持ちたいものです。
 
それではよい週末を!

『愛なき世界』 三浦しをん

洋食屋に働く藤丸が慕う植物を研究する大学院生・本村さん。
個性的な人達と植物と共に過ごす日々と恋の行方は・・。
 
自分の視点を変えると見えて来る万物それぞれの世界。
その世界を探求する姿は愛なんですよね。
 
1日って24時間のように
心の容量にも限りがあるならば
満たされ占められた心を振り向かせるのは難しいかな。
 
だけど振り向かない人の世界観を見つめて
心傾けるって愛ですね。
 
愛なき世界と思われる世界は実は愛に満ちてるものです。

『ボディカメラ』

警察官のスミスは同僚が殺害された事件の捜査に当たることになる。
犯行の瞬間を収めた乱れた映像には謎の影が映っているのを発見。
執拗に捜査を続けると警察組織の闇と超常現象の事実が明らかに・・。
 
ミステリーとして観てたので、何?と違和感のある記録映像でしたが
超常現象とミステリーのミックスだったんですね。
 
不気味な空き家捜索や超常現象匂わせに納得
 
ネタバレですが
警官組織の真っ黒な奴らが次々と倒されるのは
それなりの理由があったんですね。
 
解せない想いと納得の部分が募ってましたが
ラストの見守る姿に救われた。

『A NEW STYLE WAR』 浜田省吾

「A NEW STYLE WAR」を聴くと心に刺るワード。
この曲が収録された「J.BOY」は1986/09/04リリースですが
 
こんな歌詞がありました。
「・・・愛は時に あまりに脆く
 自由はシステムに組み込まれ
 正義はバランスで計られ
  It's A NEW STYLE WAR」

「正義はバランスで計られ」が特に心に刺さる。
政治の力学で計られる戦い
 
現代を予言するような歌詞
ロシア侵略のウクライナにも当て嵌まる世界
 
このIt's A NEW STYLE WARを辞めさせることを
世界は手にしないと何れ破滅の道を進むのでは

別のパートでこんな歌詞もあります。
「・・ひび割れた原子力(NUCLEAR POWER)
 雨に溶け 風に乗って・・・
どこへも隠れる場所は無い」

世界が賢明な選択をすることを願う。

ひょっこりはんねこ:保護猫日記。11ヵ月(47週)

まだ一歳にもならないのに、なかなか賢くなったもので
カーテンの裏に隠れては飛び出し驚ろかせる波状攻撃。
 
そんな感じですが
こっそりと階段の角から顔を出して覗いてるひょっこりはんもよくやってます。
 



ここでジッと見てるんですよね。
 



それとも家政婦のミタかな・・。