風の音だけが週末のConversation

一粒の砂に世界を求め 野の花に天国を見出す 掌の中に無限を捉え ひと時のうちに永遠を築く この詩のように生きたいな

映画

『ルーシー・イン・ザ・スカイ』

宇宙飛行士リサ・ノワックによる実話をベースに描かれるルーシーは地球に帰還後、心が崩壊し、同僚のマークとの不倫の果てに・・。 宇宙での強烈な体験によって心を宇宙に残してしまったルーシー心が彷徨い何かミッションを完遂させることで現実を忘れたいの…

『日日是好日』

25年間通った茶道教室での日々茶道教室での心の交流の日々日日是好日の意味とは・・。茶道教室での日々を綴ったエッセイの映画化。 以前にエッセイを読んだのですが『日日是好日―「お茶」が教えてくれた15のしあわせ』 森下典子https://gotoblueseabicycle.h…

『別れる決心』

殺人事件を追う刑事:ヘジュンと容疑者であるミステリアスな女:ソレ真実を追求しつつ、深くひかれあう二人の結末は・・。2022年:第75回カンヌ国際映画祭:監督賞受賞作品。 人は人の何に魅かれるのだろうか?見た目や条件ではなく感情を揺さぶる根源的な何…

『いつかの君にもわかること』

シングルファーザーのジョンは不治の病に冒される息子の行く末の為に養子縁組を候補と面会するが・・。 自分の思うささやかな希望も叶わないと悟った時神を呪ったとしても現実は否応なく訪れる。 無慈悲なものですけど、子供の未来を考える日々。 何とも切な…

『考えすぎない生き方』深澤真紀

つい考えてしまう多くのこと、気持ちが安らぐような「考えすぎない生き方」の方法とは・・。 これはいい!って思ったのが無理やりポジティブに持って行くのではなく英語で言う”interest”の推奨 これはいいかも単語の意味としては、興味、関心、興味を起こさ…

『最高の人生の見つけ方』

主婦・幸枝と、仕事に打ち込んだ大金持ちの女社長・マ子。余命宣告を受けた2人は病院で偶然に出会い人生の「死ぬまでにやりたいことリスト」の実現をすることに・・。ジャック・ニコルソンとモーガン・フリーマンによる同名映画を原案のリメイク作品。 人生…

『#マンホール』

エリート社員の川村俊介は、社長令嬢との結婚も決まって将来を約束されたようなものしかしで開かれたパーティ帰りにマンホールの穴に落ち明らかになる事実とは・・。 ほぼ転落後のマンホール下ですが様々な事が救助を願ってのSNSから予想外の展開となり 限ら…

『ゴジラ-1.0』

戦後の日本、復興中の日本に突如ゴジラが出現。戦争を引きずる人々はゴジラと対峙し命と向き合う事になる。第47回 日本アカデミー賞(2024年):受賞 最優秀脚本賞 山崎貴最優秀助演女優賞 安藤サクラ最優秀撮影賞 柴崎幸三最優秀照明賞 上田なりゆき最優秀…

『アステロイド・シティ』

1955年、アメリカ南西部の砂漠の街、アステロイド・シティ。科学賞の受賞に輝いた5人の天才的な子供たちと家族がアステロイド・シティを訪れるがどんだ事が起こり・・。 映像のパステルな色合いと光の強い世界はすでに少しこの世界とは異質な世界。 深刻な事…

『東京リベンジャーズ2 血のハロウィン編 決戦』

東京卍會創設メンバーの絆を崩壊させた“血のハロウィン”タケミチはその惨劇を食い止めることができるのか!?続編2部作の後編。 前篇ですが"『東京リベンジャーズ2 血のハロウィン編 運命』"https://gotoblueseabicycle.hatenablog.com/entry/2024/04/18/0500…

『東京リベンジャーズ2 血のハロウィン編 運命』

命を救えたはずのヒナタが、再び殺されてしまう。ヒナタを救うために過去に戻ると事件によって引き裂かれてしまう嘗ての仲間。離れ離れになったのは何故!?「東京リベンジャーズ」の続編2部作の第1部 えらい過激に凶悪化して行きつく先は大事な人が亡くなっ…

『茜色に焼かれる』

理不尽な交通事故で夫を亡くした母と子理不尽や腹ただしい事が次々と起こりながらもたくましく生きる親子は・・。 コロナ禍にあって否応なくすべての人が翻弄されますが現実にそれまでは想像出来ない様な事が実際起こる。 様々な人生の人生の岐路に立つ時誰…

『キングダム 運命の炎』

信(しん)の仕える国・秦に隣国・趙の軍隊が攻め込んでくる。大将軍・王騎(おうき)を総大将に任命され配下の信は100人の兵士を率いる隊長となり敵将を討つ任務に・・。人気漫画を実写映画化「キングダム」シリーズの第3作。 秦の若き国王・えい政(えいせ…

『エブリシング・エブリウェア・オール・アット・ワンス』

経営するコインランドリーは破産寸前でエヴリンの家族も問題だらけ・・・そんな日々に突如として「別の宇宙から来た」というウェイモンドが現れワケも分からずマルチバース(並行世界)に飛び込む事になり・・。第95回アカデミー賞:作品;監督;脚本;主演…

『僕たちのラストステージ』

ハリウッド映画創成期の伝説的お笑いコンビ「ローレル&ハーディ」の晩年を描く第76回 ゴールデングローブ賞(2019年)最優秀主演男優賞:ノミネート:ジョン・C・ライリー 昔のギャグ映像はコミカルではあるものの・・今の感覚ではあまり笑えないけど笑いも…

『猫と、とうさん』

コロナ禍の2020年を猫と共ともに乗り越えた9人俳優、エンジニア、路上で生活するデイビッド、消防士のジョーダン。猫を愛する人々の姿を通じて、人と猫の絆がが描かれるドキュメンタリー 猫と共に生きる病気を治して再び一緒に暮らすデイビッド猫が居なかっ…

『すずめの戸締まり』

みみずを封じる為に廃墟した扉を閉じる 使命を果たす草太とすずめは旅をすることに・・勇気ある行動がによって人々の暮らしは守られる日本各地を旅するロードアニメ。 見事な映像は架空のみみずを存在を感じ鍵となる封印に大きな使命と意味を持たせる。 化学…

『1秒先の彼』

郵便局の窓口で働くハジメは路上ミュージシャンの桜子に出会い恋する。楽しみにしていた花火大会デートの日、目覚めるとなぜか翌日になっていた。“消えた1日”とは・・。台湾映画「1秒先の彼女」をリメイク。 以前に観て良かった台湾作品『1秒先の彼女』https…

『手』

さわ子の父とギクシャクした関係しかし、これまで付き合ってきた男性はいつも年上ばかりの現実同世代の恋愛を経験して・・・。山崎ナオコーラ原作作品。 ”手”ってその手によって握手することも殴り合う事も出来のに手を人に置き換えても同じく、どちらも選択…

『シン・ウルトラマン』

「ウルトラマン」を「シン・ゴジラ」の庵野秀明と樋口真嗣のタッグで現代にリブート謎の巨大生物に襲われる日本は「禍特対(カトクタイ)」を設立し対応そんな最中、ウルトラマンが現れ・・・。第46回 日本アカデミー賞(2023年)最優秀撮影賞:市川修 鈴木…

『愛なのに』

古本屋の店主・多田は、店に通う女子高生の岬から求婚されるしかし多田は一花という忘れられない存在の女性がいるものの・・・一花は結婚前に彼の浮気に悩む恋愛は交錯し・・。 プラトニックとフィジカルラブって言うのかな愛にもいろいろとあるもので 高校…

『1秒先の彼女』

郵便局のシャオチーは、パッとしない日々でしたが出会ったハンサムなダンス講師ウェンソンと、“七夕バレンタイン”にデートの約束をしたのだが・目を覚ますと、既にバレンタインの翌日に!?記憶のない一日の真実とは・・。2020年(第57回)金馬奨:作品賞、…

『ニューイヤー・ブルース』

人生のターニングポイントを迎える4組のカップルのクリスマスから年越しまでの7日間恋愛、就職、結婚などの問題を解決するために人生について考える・・。 年末の慌ただしさと新たな気持ちとなる年明け人生の分岐となる恋愛はどこか似てるもので決断には節目…

2023年 映画アワード

昨年はどんな映画観て何を思ったのか?おさらいしてみる2023年:映画アワード あれも良かったし、これもってリスト見ながら悩むなぁ~ 【最優秀】から心動かされて日々も少し振り返ったりした。『流浪の月』 人は何を守りたいのか?善意と名前を変えたエゴに…

『バビロン』

1920年代。映画業界は異次元の輝きを放ってた時代サイレントからトーキーへと移り変わる波に呑まれるやがて映画に携わる人々を翻弄して行く・・・。第80回 ゴールデングローブ賞(2023年)最優秀作曲賞 ジャスティン・ハーウィッツ 冒頭から度肝を抜く映像カ…

『たかが世界の終わり』

もう人生が長くないことを告白するために12年ぶりに帰郷した若手作家そこには母や兄夫婦、妹と再会する。しかし告白するタイミングを逸してしまい時間は迫る・・。第69回 カンヌ国際映画祭(2016年) コンペティション部門グランプリ受賞 グザビエ・ドラン …

『珈琲時光』

陽子は日本と台湾を頻繁に仕事で行き来する日々そんな中、台湾人の彼氏の子供を身籠るも結婚はしないとの話に両親は心配し・・。小津安二郎監督の生誕100年を記念作品 日々の暮らしを静かな視点で描きカメラも引きで行き交う人々と一緒に主人公が映る社会の中…

『パーフェクト・ドライバー 成功確率100%の女』

ワケあり荷物を届ける特殊配送で働いている凄腕とライバーのウナ次の依頼は海外への逃亡を図る男と息子ソウォン。アクシデントによりソウォンと300億ウォンが入った貸金庫の鍵を抱えて追われる羽目に・・・。 巧みなドライビングテクで入り組んだ路地や高低…

『犬も食わねどチャーリーは笑う』

結婚4年目いつの日か妻:日和は不満を募らせSNS「旦那デスノート」にぶちまけていた。ある日、旦那の裕次郎は自分について書かれている投稿を見つけて・・・。 昔「鬼嫁日記」ってドラマ化されてたりしてましたが世の中、夫婦と言えども不満や愚痴はあるもの…

『宮松と山下』

名もなき殺され役を演じてばかりいるエキストラ俳優の宮松は過去の記憶がないそんな彼を知る男が訪ねてきて・・。 心を守る為に忘れたいような衝撃あるもんで忘れて別人になりたいとか引きこもりになるとか人それぞれですね。 この人生の重さがジワジワと迫…