風の音だけが週末のConversation

一粒の砂に世界を求め 野の花に天国を見出す 掌の中に無限を捉え ひと時のうちに永遠を築く この詩のように生きたいな

#ノンフィクション、エッセイ

『そういうふうにできている』 さくらももこ

さくらももこさんに子どもが出来て、出産、命名の爆笑のエッセイは流石。1999年の作品ですが色褪せない。 何だか映像が浮かんでクスりと笑えるなぁセンスと言いますか独特の視点は日常の天才大喜利の世界。 女性ではないので怖さと不安や気持ちの揺れってあ…

『ジョン・レノン 最後の週末』

ジョン・レノンが凶弾に倒れる直前のインタビューとドキュメンタリー 1980年12月8日、ニューヨークのダコタハウスで凶弾に倒れる途中に出て来る最後のアルバムである『ダブル・ファンタジー』は所有してるアルバムですが収録されてる”Starting Over”は今でも…

「最もよく人を幸せにする人が最もよく幸せになる」 立石一真

連休の一週間でしたが雨、雨の連休。 ニュースを振り返ると 「メンタリスト」のDaiGoさんが ホームレスや生活保護受給者を差別する主張で炎上 丁度、柳美里さんの『JR上野駅公園口』って本を読んでたんですが これがホームレスになった男の話で そう選択せざ…

『もものかんづめ』 さくら ももこ

さくら ももこ さんの泣いて笑えるちまるこちゃんのエッセンス満載エッセイ第1弾これまでブログ内検索すると三作読んでたましたがどれも面白かった!『ひとりずもう』 さくら ももこhttps://gotoblueseabicycle.hatenablog.com/entry/2021/07/23/050640『さ…

『ひとりずもう』 さくら ももこ

「青春」の笑いと感動のエピソード満載さくらももこさんの書き下ろしエッセイ。何かの番組で影響を与えた本ってことで挙げられてたのを思い出し読んでみました。ちびまる子ちゃんそのままのリアル版の人生で面白い感性と感度で掘り起こされる青春の日々の笑…

『たちどまって考える』 ヤマザキマリ

イタリア、キューバ、ブラジル、アメリカと世界を渡り歩いてきた漫画家・ヤマザキマリさんそこから見えるパンデミック下の世界と日本と世界で違う文化ギャップのお話。世界と日本の常識のギャップって何となく分かってたもののこの差を歴史と文化を踏まえて…

『心の力』 姜尚中

心の豊かさとは何なのか?夏目漱石の『こころ』とトーマス・マン『魔の山』から生き方を読み解く。後日談を描いた小説も収録。世界に広がる右肩上がりの価値観。そうじゃないものもあるって話に衝撃と強い共感を感じました。本来ならば情報の広がりにより多…

『きれいなシワの作り方 淑女の思春期病』 村田 沙耶香

「コンビニ人間」で芥川賞受賞作家、村田沙耶香さんの思春期?アラサーの思春期の日々を綴った「anan」で連載されたエッセイ集。ユニークな言動で印象に残ってる村田さんコンビニ人間読んだけどユニークで面白かったのでエッセも読んでみました。イメージ通…

『僕の人生には事件が起きない』 岩井勇気

ハライチ岩井さんのオリジナルな角度からの日常はこんなにも面白いセンス溢れるエッセイ集に大共感。芸人としてのキャラを意識して書いて無く 等身大の仕事後の日常の岩井勇気さんこれがかなり嵌りました。私がこのブログを書いてるのは日常の視点の角度を変…

『バカの国』 百田尚樹

有料「百田尚樹チャンネル」のメルマガからの加筆・修正の書籍版。いろんな馬鹿げた嘘のような事実に百田さんのツッコミが冴える本。最近出版された本なのでコロナウイルス禍の対応の不手際についてのお話からその後の予測が的中。出だしからいい所を尽いて…

『ありがとう、さようなら』  瀬尾まいこ

『ダ・ヴィンチ』誌に連載していた中学校教師時代の瀬尾さんのほのぼのエッセイ。最近読んだ「そして、バトンは渡された」の作者瀬尾まいこさんのエッセイってことで読んでみました。当時教師であった瀬尾さん生徒との何気ないやりとりや日常に作品に通じる…

「飛行機は飛び立つ時より着地が難しい。人生も同じだよ。」 本田宗一郎

コロナも一旦収束に向かってますね。今度のメインテーマは経済の復旧かな第二波対応も整えて置かないといけませんが今週他にホット話題は賭け麻雀で検事長を辞職した黒川さんかな 不謹慎と怒られそうですが 小遣いレベルの賭け麻雀だと起訴されないわけです…

『人生がわかるのは、逆境のときよ。』 ココ・シャネル

連休明けて日常とならず新型コロナに影響を受ける暮らし。 企業の決算と来期の見通し発表が行われてますが 天下のトヨタも散々の数字。 昨日何とレナウンが民事再生法の適用でコロナ破綻。 徐々に制限解除となりながらもついに経済でも人類を追い詰める。 個…

「今、何を戦ってるんですか?」 鴻上尚史

今週も新型コロナとの戦いは続き 非常事態の延長や対応も地域によって来週から動きがありそうですね。 政府配布のマスクは届かないなぁ・・・。 個人的には休業と5月連休を合わせて18連休もあと一日。 暇を持て余した当初からこの生活に慣れた頃に仕事かぁー…

『ナナメの夕暮れ』 若林 正恭

『完全版 社会人大学人見知り学部 卒業見込』から3年。「ダ・ヴィンチ」での連載に書き下ろしを加えた「自分探し」の答えとは!?嫌いだったものが好きになり恥ずかしかったものが気にならなくなり体も思考にも変化があるって話に共感して頷いてしまう。振り返…

「金が人生で何をなしうるか、金が人生で何をなしえないか。この二つの問題を正しく解く人は金の真の正当な価値を知る人である。」 サンタヤーナ

新型コロナ一色の報道の一週間ですね。 甲子園やあらゆるイベントが中止の流れ 株は暴落の勢いも止まらず世界中で閉鎖、入国禁止などなど いつまでなのか先行きも不透明。 仕事も何だか変更が相次ぎ先行き不透明です。 そういう心持は空気に感染するのかもー…

『ゆっくり行くことを恐れるな。 立ちどまることだけを恐れよ』 中国のことわざ

今週も新型コロナ関連が毎日トップ記事ですね。 感染拡大からそれぞれの対応に人柄や国柄って出てるような気がしますね。 必要な人が居るマスクやトイレットペーパーを買い占め高値で転売する輩や デマを流したり、入国で拡大防止に入国ビザを停止すると抗議…

梅と閉鎖の決まった日鉄日新製鋼呉製鉄所の移り変わるであろう風景。

朝から濃い曇り空。う~ん。スマホで雨雲レーダを確認すると・・しばらくすると1mmレベルの弱雨っぽい読書するも気も漫ろ。もう一度確認すると雲が消えてるし・・。ってことでMTB(マウンテンバイク)でこの所暖かくなって梅の開花を期待しスタート。見事に…

梅と菜の花咲く。海と長浜の海岸線を走る。

冬の寒さを思い出した朝。 今日は職場の人に家庭菜園で作った豊作の大根を頂くお約束があり自転車で行くことにしました。 出発が遅れ、風景見る余裕もなく激走で心拍はリミット状態まで上昇。 何とか職場の人に合い大根を頂く 背中に背負った大根6本(短い…

交通安全を祈る。上蒲刈島の日高庄八幡宮へ

朝からスッキリな快晴!購入して初のロングライドは交通安全を祈るライドへ交通量の多い市内を抜け交互通行となってた道は開通。この坂の頂点を抜ける瞬間に見える海は素敵。 安芸灘大橋を渡ると下蒲刈島空は青く白い雲、緑掛かった海は今日も爽快。 ちょっ…

「山は西からも東からでも登れる。自分が方向を変えれば、新しい道はいくらでも開ける。」  松下 幸之助

今週はやはり新型コロナウィルスの広がりと周りの対応ですね。 この問題に取り組む政府、個人、発言がその人の人と成りを顕著に表してますね。 初動の楽観的報道、人権問題とか言って一時拘束しない対応 感染する人間の人権侵害はどうなるの? 入国制限しな…

『そうであろうと努めながら、ついにそうであることはできない。しかしそうであろうと努めること、それ自体が尊いのだ』 稲盛和夫

今週はやはり中国で発生した新型コロナウイルスによる肺炎の拡大が一番のトピック 振り返ると日本の報道は今回は人からの感染も確認されず大したことないような初期報道だったような気がします。 それからうって変わって連日の深刻な報道となりましたが 平和…

『学生時代にやらなくてもいい20のこと』  朝井リョウ

当時話題になった『桐島、部活やめるってよ』で現役学生デビューした著者のエッセイ集。学生だった当時から就活したり当時の笑える日常は学生のノリなくては送れない日々。メディアでは見る限り私のイメージピッタリの学生時代の朝井リョウさんいろんな危機…

「しょっぱい三日月の夜」 長渕剛

まだ夜の明けない朝。綺麗な三日月が浮かんでた。頭に浮かんだこの曲を検索し歩きながら聴いた。「しょっぱい三日月の夜」歌詞を噛みしめると・・世の風潮と言いますか時代かな。効率が正義とどの世界でも言う現代。歌詞ではこつこつと真面目に生きること。…

橋からの輝いた瀬戸の海にパワーを感じるたライド。

曇りの予報から快晴!年末納車のミニベロ号で走るかなー。この歳でも週末ワクワクするようなことって大事なアンチエイジング。・・ってことで走る。造船工場のドックでは貨物船かな建造中でした。 海自の基地では接岸された艦船。空は淡い色にそよ風。 ミニ…

「・・・すべてに通用するのは、ただ努力することと決断することだけだ。」 カルヴィン・クーリッジ大統領

今週もいろんなニュースがありましたね。桃田選手のまさかの事故、米国の貿易第一弾合意、出雲の立て籠もりと・・ まさかの事故に戦略ある政治、意味不明な事件と世の中分からないものです。 個人的には淡々と課題を自分でやってる感じで中々辛抱の日々。 カ…

アーチストはカバーソングも個性ありあり "The Covers'Fes.2019"

年末のスペシャル番組を録画してぼちぼちと再生。Coversって往年の名曲をこれまた素晴らしいアーチストが歌うと言う番組司会のリリー・フランキーさん,池田エライザさんが程よい歌を邪魔しない品のあるコメントでクスりと笑えるし今回の豪華ゲストはGLIM SPA…

徳兵衛 呉駅ビル店にてサーロイン。高!

友人と久々の呑み。バンバン注文して気にしてなかったもののいつもの倍ぐらいの会計に心の中では唖然。カッコ悪いので再チェックとかしないのですが何でかな?って今メニュー確認すると。黒毛和牛サーロインステーキが¥2690とかカキのバター焼¥1070とか酒…

丘からの呉湾を臨みながらミニベロ散歩。

長かった連休明けの一週間。 曇りの予報でしたが晴れ間が広がる。 夕方から友人と呑み会なのでしばし自転車散歩へ 小高い丘の急坂を上り尾根沿いを走る 古き急斜面に建つ家々 何だか懐かしい風景 移り変わる湾の風景 こころにも変化しー 光を全身に浴びて心…

「失敗は人を傷つけはしない。失敗を恐れる心が人をだめにするのだ。」 ジャック・レモン

今年が明けて11日目振り返ると・・。 世界は第三次世界大戦とも言われた状況もあったり 物騒な幕開けとなりましたね。 個人的には何だかモヤモヤとした終わらない仕事 親戚の高齢化で健康問題やら何か面白くない感じですが 嘆いても仕方ない 今年も前に走る…